肝臓とアルコールの関係

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

肝臓とアルコール性肝炎

肝臓を破壊していくアルコール

アルコール性肝炎は、アルコールを長期間飲み続けているうちに、肝臓の機能(肝機能)に さまざまな障害を起こす肝臓の病気です。 体内で代謝によって発生したアンモニア等の有害物質や、体外から飲食物と一緒に摂取された 有毒物質に対し、解毒作用をもってます。酸化、還元、加水分解、抱合といった化学反応で水に溶けやすい 形にして、肝臓から尿や胆汁中に送っているのです。 アルコールも体外から入った有害物質として、そのおよそ90%近くが肝細胞の中にあるアルコール脱水酵素や ミクロソームエタノール酸化系酵素等によって分解処理されます。残りの10%は呼気や汗、尿等に混ざり体外に排泄されます。 肝臓が処理できるアルコールの量は無制限ではありません。一般的に、肝臓が1時間に処理する事が できるアルコールの分量は、体重60kgの人で約6~7g程度とされています。これは、日本酒で4分の1合、 ビールなら大瓶4分の1本の量に相当するのです。
大量の飲酒を続けた場合、酵素の働きが活性化して、アルコールの処理は3倍近くまで増加する事が分かっています。しかし、長期間にわたれば、やがて処理能力の限界を超えてしまい、障害を引き起こすことになります。
実際、1日に、日本酒でおよそ6合、ビールなら大瓶6本に相当する160以上のアルコールを摂取している人で、 期間が15年以上の場合、半数の人が肝硬変なるというデータがあるのです。そして、肝硬変にならなかったとしても、何らかの肝障害を起こしているとされています。
アルコール性肝炎は、近年、増加傾向にあります。原因の一つとして、年々増え続けるアルコールの摂取量があります。肝臓の病気である肝炎には、アルコールにウイルスが原因のものがありますが、飲みすぎが原因で肝障害を起こす人が増えており、現在は肝硬変全体の約30%を占めています。
また、最近は女性のアルコール性肝炎(肝炎など)も目立ってきており、背景には女性の飲酒が増加している事が明らかになっています。
一般に、女性は男性よりも肝臓の予備能力が低いといわれており、男性も少ないアルコール量で障害が起こります。
アメリカでは、禁酒法が施行されていた時代には肝臓病で非常に危険である肝硬変による死亡率が激減し、禁酒法が廃止されると再び増加したといわれています。
世界的なワイン消費国であるフランスも、第二次世界大戦中、ワインの生産が制限されていた時代はやはり肝硬変よる死亡率が減少し、戦後は増加しています。この様なデータからも、アルコール消費量と肝障害には密接な関係があることは明らかです。

【アルコール性肝炎の検査・診断】

アルコール性肝炎をしっかりと検査するため、定期的な肝機能の検査が必要です。
アルコール性肝障害では、血液検査だけでは異常が見つからない場合もあるので、詳しく肝臓の状態を知るため、腹部超音波検査がひつようになってきます。

■ウィルス性肝炎
ウイルス性肝炎は、その名の通り、肝炎ウイルスが原因で発症します。この種類は、A型・B型・C型に加えて、現在では、D型・E型の肝炎も発見されています。

■薬剤性肝炎
服用した薬が原因となります。この中には、2種類の肝炎があり、中毒性肝炎とアレルギー性肝炎に分類されます。

■自己免疫性肝炎
若い女性や更年期の女性によくみられる自己免疫性肝炎。原因は不明な点も多いが、免疫機構が異常をきたして、肝機能障害を引き起こす病気です。

■アルコール性肝炎
アルコールが原因で発生するアルコール肝炎。もちろん、 日頃からお酒を良く飲むかたに 良くみられ、症状としては、発熱や腹痛が急に表れます。


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.