肝臓と便秘の関係

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

肝臓と便秘の関係

便秘は肝臓病の大敵!?

肝臓が悪く、弱い人にとって便秘は大敵なのです。便がたまると、便からアンモニアが発生し、血液中に入っていきます。アンモニアは、肝臓に運ばれて分解されます。このように、便秘は肝臓にかなりの負担をかけることになるので、便秘は健康な人にとってもよいことではありません。 肝臓の機能が低下している場合、アンモニアの分解ができず、脳に障害を起こすこと(肝性脳症)もあります。この肝性脳症をおこすと意識がもうろうとし、昏睡状態になることがあります。便秘が原因の場合は、浣腸を施すと、意識が回復する事もあるくらいです。しっかりと体調管理を行ない、便秘改善を心がけましょう。

【便秘を防ぐ7つのポイント】

1、朝食を必ず摂取し、その後に排便をする習慣を身につける。意識がなくても一定の時刻にトイレに行くようにする。その為にも少し早起きをして時間的にも余裕を持ちましょう。

2、朝起きたら、冷たい水や牛乳、トマトジュース、ジュースと飲む習慣をつけよう。

3、果物、納豆などの豆類、かぼちゃやさつまいも、ごぼうなどの野菜、海藻、きのこ類、オートミール、こんにゃくなどの食物繊維の豊富な食べ物をたっぷり摂取しよう。

4、腹部のマッサージも効果的です。お腹の右下からへその上を通って左下へ、『の』の字を書くようにマッサージすると、腸の蠕動を亢進させます。

5、動不足にならないように意識しよう。特に特定のスポーツを始める必要はありません。家事をテキパキとこなす、階段を利用する、通勤や買い物でも歩くなど、日常生活の中でこまめに体を動かす事を心掛けましょう。

6、水分を十分にとろう。特に夏は発汗が多く、水分が失われるので、不足しないようにしましょう。

便秘薬や浣腸は習慣化しやすいので、安易に使用しない事、刺激の少ないものから始める。あくまでも補助的な手段と考えて薬に依存しないように気をつけましょう!!

便秘についての豆知識

では、便秘とはいったいなんでしょうか?便秘とは一般的に、『排便が順調に行われない状態』のことをいいます。しかし「どのような症状を便秘と呼ぶのか」というところは実はしっかり決められているわけではないのです。排便の回数には個人差が大きく、便秘をある期間の排便回数で定義することは非常に難しいとされています。
おおまかな定義として次のようなことがあげられます。

■排便の回数の少ないもの
■便の量自体の減少
■水分の少ない硬い便
■排便困難(うまく出せない)
■残便感や腹部の張った感じ

これらの状態の組み合わせを「便秘」と呼び、「自然な排便のメカニズムが乱れ、便が長時間腸内にとどまり、不快に感じる状態」と位置づけられます。 では、「自然な排便のメカニズム」とは何でしょうか?排便習慣には個人差があります。つまり、2~3日に1度の排便であっても、それが規則的に、何の障害もなく行われ、すっきりとした満足感があれば、便秘とはいえなく、逆に、毎日排便があったとしても、上記のような症状があれば、便秘と呼んでもいいということになります。


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.