B型肝炎の治療

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

B型肝炎の治療について

治療が必要ない場合

急性肝炎は、健康な大人が掛かった場合、症状の強い場合のみ入院をして点滴、栄養補給で治療していきます。

治療が必要な場合、治療の目的

肝炎を発症してウィルス量が低下せず、慢性肝炎となる患者には積極的な治療が必要となります。また、35歳を過ぎても肝炎が続く場合も、悪化することが予想されるので、治療が必要となるのです。目的としては、ウィルスの増加を抑え肝炎を鎮静化させること、ウィルス量を限りなくゼロに近づけること、HBe抗体の出現とHBV-DNAの陰性化です。

B型肝炎の治療法は主に2種類

①インターフェロン治療(注射薬)

インターフェロン治療は基本的に週3回の皮下注射を半年間続けます。抗ウィルス効果と免疫賦活効果が期待されます。(免疫賦活効果とは、免疫機能を活性化させ、低下している防御力を増強させることをいう)インターフェロン治療により、HBe抗原の陰性化が30%~40%の確率で起こり、肝炎が鎮静化されますが、副作用があるので患者さんによっては継続ができない場合もあります。

②核酸アナログ製剤治療(内服薬)

核酸アナログ製剤治療は、ウィルスが増殖する過程を阻止することによって増殖を抑制する薬剤治療です。高いウィルス抑制効果が期待できます。しかし、投与を中止すると、ほとんどの場合肝炎が再発するため、一生涯内服継続が必要となります。


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.