C型肝炎

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

C型肝炎について

最も多く見られるC型肝炎

c型肝炎は1989年にウイルスの遺伝子が発見され、c型肝炎と呼ばれるようになりました。 c型肝炎⇒慢性肝炎⇒肝硬変⇒肝臓がんという経路に陥りやすいc型肝炎は、主に輸血が原因となっています。我が国の輸血後肝炎の95%は、c型肝炎ウイルスによるものであり、その他にも、医療事故や性行為によっても感染するといわれています。c型肝炎ウイルスは、感染力が弱いため、母子感染はほとんどありません。 しかし、c型肝炎は大人になって感染しても、慢性になるケースがあるという点がb型肝炎とは大きく異なります。 約30%が慢性化し、更にその一部が肝硬変や肝臓がんへ進行していくのです。 症状としては、b型肝炎と同様に、全身倦怠感・食欲不振・吐き気・嘔吐・下痢・頭痛・関節痛などの症状が1~2週間続き、黄疸がでます。HCVは血液が主な感染経路である。かつては輸血による感染が多かったが、先進国では検査体制が確立したためほとんど見られない。現在は針刺し事故や覚醒剤注射の回し打ちなどが主であるが、臓器移植によるものも見られる。性行為や母子感染はまれ。また、最近の刺青業者は衛生面に気を遣っていますが、昔は針の使い回しが多く、刺青を入れた年代によっては感染の危険性が高い。現在の日本のHCV感染者数は約200万、世界では1億7千万(世界人口の3%近く)がキャリアであると見られています。 HCVは感染しても肝炎を発症しないことがあるのです。これはHCVに感作された細胞障害性Tリンパ球が肝細胞を傷害するためではないかと考えられており、急性肝炎発症後もALTが高値を保ち、HCV RNAも陽性のまま持続して慢性肝炎に移行する例が多いとされています。ALTが正常値を示した場合は通常HCV RNAも陰性となって治癒しますが、HCV RNAが陽性で無症候性キャリアとなる場合もあります。遷延化して慢性肝炎となる割合は70?80%に及ぶ。なお、初感染で劇症化する例はまれです。


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.