C型肝炎の治療

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

C型肝炎の治療について

治療法を決めるポイント

薬の量や治療期間は、ウィルスの遺伝子型の種類、ウィルスの量、肝炎の進行具合、年齢によって決められます。

C型肝炎ウィルスの遺伝子型には2種類ある

C型肝炎ウィルスの遺伝子型には1型~6型まであり、日本人に多いのは1型と2型です。1型と2型ではインターフェロン治療に対する反応が違うのです。日本で最も多い1型はインターフェロンが効きにくいタイプ、それに対して2型は効きやすいタイプです。ウィルス量も治療効果を左右する要因となるので抗ウィルス量と低ウィルス量に分類します。

また、インターフェロンの治療効果は、年齢が若い患者さんほど効果が高く、60歳をこえると進行速度は早まるといわれています。

インターフェロン治療と経口薬

慢性化したC型肝炎の治療は、ウィルスの除去を目的に注射薬と経口薬を使います。ペグインターフェロン注射と経口薬のリバビリン、テラプレビルの併用療法です。ペグインターフェロンの注射を週に一回、リバビリン、テラプレビルを毎日飲むことを3ヶ月間続けます。その後の3ヶ月間はペグインターフェロンの注射を週1回とリバビリンを毎日飲んで、治療は終了です。この治療により80%~90%の患者さんがC型肝炎のウィルスを排除することができます。

治療を行ってもウィルスが消えない場合は?

インターフェロン治療を行ったにも関わらず、ウィルスが消えなかった場合は、再度治療を行います。2度めの治療を行うと約80%くらいが治癒するので、お医者様に相談の上再治療をすることをおすすめしますが、20%の患者さんはウィルスが消えず、完全治癒に至らないこともあります。


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.