アルコール依存症

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

アルコール依存症の恐怖

完治するのが難しい「アルコール依存症」

アルコール依存症とは、男女問わず誰でもかかる可能性のある病気です。とくにお酒が好きな方、お酒が強い方に多くみられる傾向があります。アルコール依存症は、長い間お酒を飲み続けることによって病気が進行し、お酒がなくては生きていけないほどアルコールに依存してしまう病気のことです。この病気は、気づくまでに時間がかかり、最初の頃はただお酒を飲みたいという気持ちが続き、ついお酒に手をだすようになります。 次第に、少量では酔えなくなり、一度に飲む量が増えていきます。アルコール依存症は、進行性のある病気です。大きく分けると、精神依存から始まり、病的行動が始まる依存症中期、コントロールができなくなる依存症後期へと徐々に進んでいきます。進行すればするほど、お酒が飲みたいがためにウソをついたり、家庭内で問題が起き始めたり、仕事で気を紛らわせようとしたり。アルコール依存症は、意思の問題だという方も多くいらっしゃいますが、飲酒をコントロールできないのは、意思が弱いからではなく、病気の症状なのです。お酒がきれると禁断症状が出てくるのでそれを抑えられなくなってしまうのです。 また、お酒を飲んでも顔が赤くならない人は、アセトアルデヒドを分解する酵素の働きが正常の証拠です。アルコールの分解がスムーズなので顔が赤くなりません。だから、飲んでも体調に異変がないため、気づいたら大量にお酒を飲んでしまうことがよくあるはずです。かえってアルコール依存症になる可能性が高いのです。

「お酒を飲める限界量を知っているから大丈夫」「お酒が強いからアルコール依存症にはならない」などと自信を持っている方もいますが、アルコール依存症は誰でも発症する病気だということを認識しておきましょう。

■アルコール依存症の特徴■
特徴①飲酒行動の異常
アルコールの適量がわからなくなり、ほどよい量で切り上げられなくなり飲み過ぎてしまう。また、飲み過ぎたことによって問題を起こしてしまうことが増える。これをコントロール障害という。このコントロール障害を起こしてしまうと、元に戻すことができなくなる。完全にアルコールを断つ以外ないのである。コントロール障害の怖いところが、意思とは無関係に様々な行動を起こしてしまうことである。たとえば「今日はこれくらいで飲むのをやめておこう」と思っても飲み過ぎてしまったり、「今日は一切飲まない」 と決意してもすぐに破ってしまったり。しまいには「離婚する」「リストラする」などと言われても飲酒することをやめることができないのである。

特徴②耐性
定期的に飲酒していると、耐性ができてほろ酔いになるまでの量がどんどん増えてくる。

特徴③離脱症状
長年飲酒を続けることで、身体には常にアルコールが入っている状態なので、禁酒を数日続けた際は、手や全身の震え・発汗・不眠・吐き気などの離脱症状が現れる。

特徴④遺伝
アルコール依存症の親から子供に遺伝する確率は、そうでない親子と比べて4倍ほど高くなるという研究結果がでている。

【アルコール依存症による病気】

アルコール依存症による合併症として、8割近くの患者に臓器障害があるとされています。その中でも、アルコールの影響を受けやすい肝臓が酷使されるため、肝障害になるケースが多く見られます。代表的なのがアルコール性肝硬変です。影響を受けるのは肝臓だけでなく、すい臓・胃腸・心臓・脳・筋肉・ホルモンや生殖機能など身体全体に悪影響を及ぼすほどなのです。


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.