肝がん症状

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

肝がんってどんな病気なの?

肝がんの症状

肝臓がんは、肝硬変と同じく大変発見が困難な病気であり、肝硬変にともなって発見される事が大変多い病気です。 通常、肝臓がんは約9割が肝硬変が原因でなります。慢性肝炎から肝がんになる場合は約1割ですので、肝硬変の方は、定期的にCT検査を受け、出来るだけ早期にがんを見つける事が最も重要です。 最近では、医学も発達してきたので、肝臓がんであるにもかかわらず、5年~10年生存している例もかなり多くなってきています。治療も大変重要ですが、生活習慣が関係あるようです。

早期発見が難しい肝がん

大変発見の難しい肝臓がんは、現在でも、手術できる大きさの早期の発見は、約10~20%に過ぎません。これが現状です。早期発見の為には、最低でも肝硬変の状態のうちから診察を受けていることが必要です。しかし、現状は残念な事に、黄疸・食欲不振を訴えられてこられた方に、末期のがんが見つかるという症例が多いです。

原発性肝がんと転移性肝がん

■原発性肝がん
肝臓内から発生する原発性肝がんは肝臓を形作る細胞ががん化して、しこりを作ったものです。主に慢性肝炎や肝硬変が悪化すると肝がんへと進行していきます。


■転移性肝がん
肝臓以外の別の臓器から発生した「がん」が肝臓に転移して腫瘍を作ったものです。肝臓には門脈を介して消化器からの血液が流れるため、主にもともとは肺や乳房、胃、膵臓、大腸などの消化器がんからの転移が多く見られます。

肝がんの治療

肝臓がんの治療方法は様々ありますが、基本的に3通りの治療方法が多くなっております。しかし、どの治療法もがんの状態が初期であればあるほど治療の効果が大きくなります。

■肝がんの切除
最も理想的な治療方法ですが、取り除く事が出来ない状態が多くあります。肝臓がんは肝硬変の部分から発ガンが起こるので、同時に多数出来る場合もあります。その場合は、手術は困難です。 ですから、なるべく早期発見が必要となっております。しかし、手術で肝がんを取り除いたとしても、2年以内に約半数の人が再発してしまうのです。

■アルコール注入法
アルコールを注入してがんを殺す方法です。この方法は、肝臓の組織を傷つけることが少ないのですが、がんを確実に殺すという点では、切除には劣ります。しかし、肝機能が悪い例、あるいは高齢で切除が難しい場合は、非常に良い治療法です。


■肝動脈塞栓術
肝がんの治療法として最近最も普遍的な方法として知られている肝動脈塞栓術。これは、肝がんに向かって流れている動脈にゼロフォードというスポンジをつめる事で、がんへ向かう血流を抑え、栄養補給をとめてしまうという方法です。 いわゆるがん細胞に対する兵糧攻めでがんの大きさ・数にかかわり無く行なえます。

この様に肝臓は、気づいた時には、既に手遅れである事がほとんどです。 ですから、日頃からの生活習慣が最も大切な肝臓病の予防方法になります。 肝臓の機能を助けるタマネギやにんにく・牡蠣などが含まれている食品を毎日摂取する事を心がけましょう。 サプリメントでの摂取もお勧めです。

Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.