肝臓病の末期「肝硬変」

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

肝硬変ってどんな病気なの?

肝臓病の末期

全ての肝臓病の末期である『肝硬変』。肝硬変とは、読んで字のごとく肝臓に負担がかかりすぎて、肝臓が硬くなる病気のこです。その理由は、何らかの原因で肝細胞が破壊されて、炎症が生じ過ぎると、回復する際に、きちんと正常に戻らず、いびつで無統制な状態の組織になり(再生結節)、肝臓が硬くなってしまうからです。肝硬変は、肝臓がんの原因にもなり命に関わるので、早急な治療が必要となります。

肝硬変の症状

肝臓は、急性肝炎から慢性肝炎へと進行しさらに状態が悪化すると肝硬変になります。肝細胞がどんどん破壊されていくことで、肝臓は本来の弾力性を失って硬くなり、表面に凸凹が目立つようになります。慢性肝炎の時はほとんど症状はありませんが、肝硬変になると特有の症状が出てきます。


■初期症状・・・初期の肝硬変は、だるさ・倦怠感・疲れやすさを少し感じてきます。また、その他にも、手掌紅斑(しゅしょうこうはん)・尿が濃くなる・華の頭が赤くなるなどの症状もみられますが、この症状=肝硬変ではありません。


■中期症状・・・中期まで進行してしまうと、少し危険になってきます。症状としては、腹水が溜まる、黄疸を起こす、皮膚に紫のあざが出来やすくなる・歯茎から血が出やすくなる、血が止まりにくくなる等の症状がでてきます。

■末期症状・・・末期まで進行すると、命にもかかわってきます。症状は食道静脈瘤の破裂による吐血や昏睡を起こしたり、物忘れが激しくなったりしてきます。

進行によって分けられる「代償期」と「非代償期」

肝硬変は、病状の進み方で、代償期と非代償期にわけられます。代償期は肝臓の機能に衰えが見られない時期、つまり肝臓病だと判断しにくい状態の時期で、非代償期は機能が不十分になった時期です。腹水が溜まったり、黄疸がでてくるのは、非代償期に入った兆候です。 以前は、肝硬変になって機能が不十分になった方は数年の命といわれていましたが、今では様々な治療法もうまれ、10年以上も永らえる事も多くなってきました。ですので、しっかりとした予防・治療を心がけましょう。

代償期

代償期の肝硬変は肝臓自体もまだ、普通に生活することができるだけの肝機能が残っていますから、それ以上病気を進ませない事が治療の基本方針となってきます。肝臓に負担をかけないよう為に、安静を守り、肝臓に必要な栄養補給を行なうようにします。 その代償期にgot・gptの値が高くなっている場合は、入院しなければならない可能性も出てきますが食欲不振、だるさ、黄疸等の症状が出ていない場合は、仕事をしてもさしつかえありません。もちろん、重労働や不摂生は厳禁です。 しっかりとサプリメントなどで栄養補給は欠かさずに行ないましょう。 サプリメントとしては、肝臓の機能を回復させる「にんにく」や「牡蠣」を含むサプリメントがお勧めです。

非代償期

非代償期の肝硬変は、既に肝機能の衰えがみられる状態ですので、まずは、腹水を改善する事、静脈瘤の出血と肝性脳症の予防が最重要となってきます。 (肝性脳症・・・肝硬変などで肝臓の機能が著明に低下し、、血液中にアンモニアなどの有毒な物質が増えた結果引き起こされる意識障害の事) 基本は、入院治療です。 肝硬変肝硬変では肝がんを併発しますから、早期発見の為の検査も重要です。 入院して、安静を守り、栄養をとるといった治療だけで、腹水がなくなるひとも います。それだけ、日常生活が重要という事です。 さらに薬物療法で腹水を減らします。腹水がなくなり、代償期の状態に戻れば、 退院することもできます。

Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.