LDLコレステロールについて

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

LDLコレステロールについて

動脈硬化を誘発するLDLコレステロール

コレステロールは、私たちの生命の維持に欠かせないものです。 身体のなかのコレステロールが多すぎると高脂血症や動脈硬化を引き起こすことになりますが、これが少なすぎても細胞の維持やホルモンの生成などが、むずかしくなります。 LDLは、そのコレステロールを身体じゅうの細胞へ運ぶという重要な役割があり、LDLそのものは決して悪玉ではありません。 ところが、LDLが過剰になると細胞や血液中にコレステロールが必要以上にたまって、動脈硬化を誘発する原因になることから、LDLは悪玉とよばれているのです。実際には、活性酸素によって酸化されなければ、さほどの害はないといわれ、最近では悪玉コレステロールを減らす事とともに、活性酸素による酸化をふせぐことの重要性が注目されています。 また、中性脂肪が増えてくると、それに反比例するかのように善玉(HDL)コレステロールが減ってきます。すると、細胞にたまったコレステロールの回収ができず、動脈硬化が進行します。 とくに中高年の女性の場合、閉経後は卵巣から分泌されるエストロゲンというホルモンが減り、悪玉コレステロールを 分解する能力が低下してしまいます。50~60代で高脂血症や動脈硬化になる女性が多いのは、このためなんですね。

*エストロゲンは、血液中の悪玉コレステロール(LDL)を肝臓に吸収させ、善玉コレステロール(HDL)を増やすとともに、LDLが活性酸素によって酸化することを防いでいます。 また、肌の水分量やコラーゲンを増やしたりする作用もあるので、血液中のエストロゲンが多い人ほど若く見える傾向があります。 思春期ごろから急に増えますが、30代後半から減りはじめ、閉経とともに急激に低下します。


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.