脂肪肝の予防対策

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

脂肪肝ってどんな病気なの?

脂肪肝とは

食事で摂った脂肪は、小腸で脂肪酸に分解され、肝臓に送られます。しかし、糖分や脂質を摂りすぎて、肝臓に送られる脂肪酸が増えると、肝臓で脂肪酸から作られる中性脂肪が肝臓にたまります。 また、アルコールの飲みすぎでも肝臓に中性脂肪がたまります。 皮下や内臓に中性脂肪がたまると肥満になりますが、肝臓にたまると脂肪肝になります。肝臓がフォアグラのような状態になったといえば、わかりやすいかもしれません。健康な肝臓でも3~5%の脂肪を含んでいますが、5%を超えた場合を脂肪肝といいます。 脂肪肝になっている組織を顕微鏡で見ると、肝細胞内に球状の脂肪が異常に増えているのがわかります。 正常な肝臓の脂質は、約3分の2がリン脂質で占められ、主に細胞の膜を構成し、残りの約3分の1がコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸になってしまいます。 ところが脂肪肝では、中性脂肪が異常に増加して大部分を占め、コレステロールやリン脂質が蓄積することはほとんどありません。脂肪肝は年代では30~70代に多く、男性では40歳前後、女性では40代以降の中高年に多発しています。性別では男性のほうが多く発症。アルコール性の脂肪肝の場合は、放っておくと肝硬変に進むこともあります。

脂肪肝の検査

脂肪肝は、とくにこれといった症状が表れません。 しかし、妊娠性脂肪肝では劇症肝炎のような激しい症状を起こしますので注意が必要です。 基本的には、脂肪肝の検査はgptの検査を行ないます。got・gpt値のうち、gptのほうが高く、コリンエステラーゼが高い症例に脂肪肝が多くみられます。減量(ダイエット)によって、改善すれば、まず脂肪肝と考えて良いでしょう。 もう一つの検査方法は、超音波検査です。 超音波検査では脂肪肝は健康な肝臓より白く光って描出されます。一般的には右の腎臓と対比させ腎臓よりも肝臓が白く描出されるようなら脂肪肝です。CT検査では超音波検査とは異なり脂肪肝は健康な肝臓よりも黒く描出されます。具体的にはCT値という値で示すことができ、正常値は60位ですが、脂肪肝の場合は50以下となり数値が低くなるほど程度が強いことになります。

脂肪肝の治療

脂肪肝の最も大きな原因は、『肥満』です。 なので、脂肪肝の最も大事な対策法は、 「1日に摂取するカロリーを控える」 ことが、最も重要です。 基本的に、摂取カロリーは1KG当たり30~40 kcalが基準になるので、70kgの方は1日約 2100kcalにする事が必要です。 そして、食事の中でも、栄養バランスを考えて、食べる品数を増やしていきまし ょう。 また、お酒(アルコール)の過剰摂取も肝臓sには負担をかけるので、禁酒をおこ なってください。適度な運動も効果的です。

脂肪肝の治療と対策 >>


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.