薬剤性肝障害とは

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

薬剤性肝障害

薬剤性肝障害は大きく2つに分けられる

薬の副作用で肝障害を起こす病気のことです。どんな薬でも起こる可能性がありますが、飲む薬によって現れる症状も異なります。

■肝細胞障害型

原因薬としては、アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)、テトラサイクリン(抗生物質)、イソニアジド(抗結核薬)などがあげられます。症状としては、食欲不振や倦怠感などが現れるようです。

■胆汁うっ滞型

原因薬としては、エリスロマイシン(抗生物質)、経口避妊薬、抗甲状腺薬などがあげられます。症状としては、かゆみや湿疹が出たり、横断や発熱したりします。

まずは、合わないと思われる薬の使用を止める

症状の頻度や重度には個人差があるため、これといった症状で判断するのは極めて難しいとされています。ですが、飲んでから24時間~48時間ほどでかゆみや吐き気などがあった場合には薬剤性肝障害を疑ったほうがよいでしょう。原因と思われる薬の使用を中断すれば2、3週間でよくなります。ですが、まれに劇症肝炎や慢性肝炎に移行することもあるので注意が必要です。症状が続く場合は、すぐに病院にいって検査をしましょう。

Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.