肝臓に効く人気サプリランキング

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

肝臓用語集

小さなタンパク質「アルブミン」

アルブミンは、約600個のアミノ酸からできた分子量約66,000の比較的小さなタンパク質です。 そして、アルブミンは血漿タンパクのうち約60%を占めており、 100種類以上あるといわれる血漿タンパクの中で最も量が多いタンパク質です。 そのため、アルブミンは血漿タンパクの中で、血管内に水を保持する働きが最大です。 この事により、私たちの血管中の血液量や体内での水分の量を調整する重要な働き (血液の浸透圧*の維持)をしています。 血液中のアルブミンが低下すると、血管内の血液の量が少なくなったり、血管外(お腹や肺など)に 水が溜まったりします。 また、アルブミンは脂肪酸やホルモン、薬物など様々な物質と結合して、 必要な部位にこれらを運搬する働き(各種物質との結合と運搬)もしています。 アルブミンは、成人の場合アミノ酸を原料として肝臓で一日に6g~12g作られ、血液中に入ります。 またアルブミンは、体重1kgあたり4~5gが体内に貯蔵されています。 体重60kgの成人では、240~300gのアルブミンが存在することになります。 その約40%が血管内に、残り60%が血管外(細胞や組織間液中)に分布しています。 そして、血管内と血管外のアルブミンは相互に交換しながらバランスを保っており、 私たちの血漿中のアルブミン濃度は通常4.4~5%に保たれています。 14~18日間(半減期)体内で働いた後、アルブミンの多くは筋肉や皮膚において分解されます。浸透圧は、濃度の異なる2つの水溶液(たとえばアルブミンの水溶液)が半透膜(たとえば血管の壁)をはさんで接した時生じます。半透膜には、水などの小さな分子を通す小さな穴が開いています。血管の場合、アクアポリンと呼ばれるタンパク質でできた水を通す穴が開いています。しかし、この半透膜はアルブミンなどの大きな分子は通しません。液体や気体は原子や分子のレベルで観察すると盛んに動き回っています。遮るものが無いと、原子や分子は四方八方に「拡散」してしまいます。半透膜を通して水は拡散することができます。半透膜を通しての拡散は「浸透」と呼ばれます。アルブミンは半透膜を通れず、浸透できません。この結果、水はアルブミン濃度の低い水溶液から濃度の濃い水溶液側に移動し、浸透圧を生じることになります。浸透圧は、溶質(この場合アルブミン)が半透膜にぶつかり生じる圧力である、との見方もできます。 浸透圧は、単位容積(たとえば1mm3)にある溶質(たとえばアルブミン)の個数によって決まります。溶質が小さければ小さいほど、またたくさんあればあるほど高い浸透圧が得られます。アルブミンは、主な血漿タンパク中最小で、最も多くありますので、浸透圧が最も強く出ます。アルブミンは1gで20mLの水を保つことができます。アルブミン製剤はいろいろな病態に適応されますが、それはアルブミンの浸透圧作用に基づくものです。アルブミンは、血液の膠質浸透圧の維持に中心的な役割を担います。(膠質浸透圧の約80%を担います) ]


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.