肝臓に効く人気サプリランキング

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

肝臓病用語集

肝臓と深い関係にある「ビリルビン」

ビリルビンは基本的には廃棄物で、赤血球が死んでヘモグロビンが分解された後にできる。ヘモグロビンはマクロファージによって分解され、そのうちヘムはさらにFe2+、一酸化炭素と緑色のビリベルジン (biliverdin) に分解され、さらにビリベルジンが還元されてビリルビンとなる。草食動物では胆汁色素としてビリベルジンの方が多い。ビリルビンは水溶解度が低いためほとんどが血清アルブミンに結合して肝臓に運ばれる。肝臓ではさらにグルクロン酸抱合を受け、水溶性の抱合型ビリルビン(直接ビリルビン)となる。肝臓で抱合される前のアルブミン結合型ビリルビンは非抱合型ビリルビン(間接ビリルビン)ともいう。この抱合型ビリルビンは胆汁に入り、胆管を通って胆嚢に貯留され、さらに十二指腸に出る。腸内のビリルビンの一部は再吸収される(腸肝循環)。腸内では細菌によってステルコビリノーゲン (stercobilinogen) に変換され、これが糞の褐色色素である。尿の黄色はやはりビリルビンの分解産物であるウロビリン (urobilin) による。ヘモグロビン分解過多あるいはビリルビン排出不全となる種々の疾患で、体内にビリルビンが蓄積して黄疸となる。

ビリルビンとは、胆汁などにふくまれる色素ですが、元々は赤血球が古くなって壊れる時にできる黄色の色素です。この色素は間接ビリルビンと呼ばれ、肝臓で直接ビリルビンに変えられます。この2つのビリルビンを合わせたものがそうビリルビンで血液中にごくわずかしかありません。このビリルビンの血液中の量が増えると皮膚が黄色くなる黄疸になります。2mg/dlを超えると、白目の部分が黄色くなります。
この2種類のビリルビンのうち、直接ビリルビンが増加するのは、肝臓の細胞の障害、壊死がある場合か、胆汁の流れを妨げる胆道の病気がある場合です。逆に肝臓の肝機能が衰えてくると、直接ビリルビンに変える能力が落ちるために、間接ビリルビンが増えてきます。 肝臓にも関連性を持っているので気をつけましょう。


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.