肝臓に効く人気サプリランキング

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

肝臓病用語集

皮膚や粘膜を正常に保つ「ビタミンA」

魚油やレバー、バター、チーズ、卵などに多く含まれるビタミンのことをいいます。目や皮膚をすこやかに保つことや、体の抵抗力をつけるために効果がありますので、特に成長期の子供には必要な栄養素といえます。
その中で、ビタミンAには、皮膚や粘膜、髪、目の働きを正常に保つ、肺や気管支など、呼吸器系統の病気の感染に対して抵抗力をつける、生殖機能を維持する、成長を促進する、 アトピーや肌荒れの改善などといった働きがあります。また、ガンの予防や治療に効果がある点も、注目されています。種類としては、動物性食品から得られるレチノールと植物性食品から得られるビタミン前駆体(プロビタミン)であるβ(ベータ)-カロチンがあり、レチノールは体内でそのままビタミンAとして利用されますが、蓄積しすぎる心配があります。その点β-カロチンは、体内で必要に応じてビタミンAに変換されるので、柑皮症になる以外に過剰症の心配がありません。サプリメントを摂取する場合は β-カロチンとして摂ることをおすすめします。
また、変換されないβ-カロチンは活性酸素を除去し、ガンの予防にも働くうえ、善玉コレステロールを減らさずに、悪玉コレステロールを減らす働きもあります。

※1日の所要量は1800IU(600μg)。
人参1/3本(44g)、かぼちゃ約1/3個(383g)、レバー4.5g、うなぎ1/3串(36g)

ヒト血液中のビタミンAはほとんどがレチノールである。血中濃度は通常0.5μg/ml程度で、0.3μg/mlを切るとビタミンA欠乏症状を呈する。 β-カロテンが体内で、小腸の吸収上皮細胞(あるいは肝臓、腎臓)において分解されてビタミン A になる。レチノイドの名前が網膜 (retina) に由来するように、網膜細胞の保護に用いられ、欠乏すると夜盲症などの症状を生じる。また、DNAの遺伝子情報の制御にも用いられる。 人体においては、眼球の網膜上にある視細胞のうち、薄明視に重要な桿状体細胞において、桿体オプシン(蛋白質)とリシン残基を介して結合し、ロドプシンとなる。ビタミンAはロドプシンの発色団となる。ロドプシンは視色素と呼ばれる一群の物質の一つで、視細胞における、光による興奮(視興奮)の引き金機構として重要な物質である。 レチノイン酸は、ムコ多糖の生合成を促進して、細胞膜の抵抗性を増強するといわれている。


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.