ビタミンD

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

肝臓病用語集

日光を浴びて生成される「ビタミンD」

ビタミンDはビタミンの一種で、油脂に溶ける脂溶性ビタミンに分類されます。他のビタミンとは異なり、食物から摂るだけでなく、日光を浴びることにより、体内でも生成されるのです。このビタミンDは、小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きと、それによって血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫な骨と歯をつくる働きがあります。
妊娠・授乳期、更年期の女性は特に、摂取する必要があるので意識しましょう。豊富に含む食品は比較的限られており、魚介類、卵類、きのこ類などです。なかでも魚介類は、他の食品に比べて、多くのビタミンDを含んでいます。

不足すると、いくらカルシウムをとっても吸収が上手くいかず、発育不全や骨粗しょう症などの原因につながるので注意が必要ですが、摂りすぎると高カルシウム血症などの過剰症をまねくおそれがありますので、適量を摂取しましょう。

丈夫な骨は常に骨代謝(骨のリモデリング)によって新しく造られ続けなければならないので、ビタミンDは破骨細胞を活性化して骨を壊し、骨芽細胞を活性化して骨を作る。またビタミンDは、リモデリングに必要なカルシウムを血中に動員するために腎臓でのカルシウムの再吸収を促進し、腎臓からの排泄を抑制し、骨代謝を吸収側(破骨側)に傾ける副甲状腺ホルモンを抑制する。また、ビタミンDは免疫反応などへの関与も示唆されている。作用機構および機能の多様性から、ビタミンAとともにホルモンに分類されることがある。

ビタミンとは人体で合成できない微量栄養素という意味である。その観点からはビタミンDはコレステロールから人体内で合成ができるためビタミンではないという意見もある。しかし、消化管からのビタミンDの吸収が低下すると容易にビタミンD欠乏症になることから外因性のビタミンDは不可欠である。


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.