肝臓に効く人気サプリランキング

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

肝臓病用語集

生体を守るタンパク質の一種「インターフェロン」

インターフェロンは、多くの薬剤の中で死亡にまで至るような副作用が殆どなく、薬剤としては、むしろ安全なものです。 風邪の時、処方される抗生物質なども実際は、少なからず副作用による死亡例があることで知られているのです。 まあ、薬は、体内の悪いものを殺すが、人間は殺さない程度の毒と考えれば当然なのですが... インターフェロンは、もともと体内で作られている物質なのでそういった意味でも安全な薬になると思います。 投与する量が生体内に元々存在する量よりもずっと多いので、バランスが崩れるという感じでしょうか。 最近の報告ではないのですが、かってのデーターとして、副作用による死亡例が報告されており、それが自殺によるものなのです。 これは、神経系にインターフェロンが影響を与え、極度のうつ状態となって自殺に追い込まれたと判断されています。 ただし、これは、インターフェロンの効果や投与法が今程確立されていない時の話です。 身体のバランスが崩れるので、様々な副作用が生じるため、治療の継続に対して、患者が絶望的になった場合に起こり得たのではないかと思われます。 20万人以上の治療例のうちわずかな自殺例ですので一般の自殺比率の方が高いのでは、ないかと思われるくらいです。 長い治療であり、様々な副作用がでます。 発熱以外にも、血小板減少による出血傾向や座骨神経痛、コレステロールの減少、アレルギーの出現などあるのです。 いずれも死に至るようなものではありませが、うつ状態になるとそういった治療が功を奏するのか不安になっていくことがあるのです。 勿論、治療に際して、体の状態は常にサーチしていかなければいけません。 個人差もありますので、効き過ぎてしまった場合(例えば血小板が大変低下して、脳内出血など他の可能性が出てきた場合)、投与を中止する場合もあります。 ただし、投与中止の頻度は、大変低いものと考えて下さい。 現在は、医師の多くはそういった患者の状態を十分サーチし、インターフェロンの投与を行います。 また、医師にざっくばらんに相談する環境があれば、極端な不安に陥ることももなりにくいのです。 


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.