肝臓に効く人気サプリランキング

大人気の肝臓サプリとは

肝臓サプリランキング

実感力・満足感がダントツ1位。肝臓に欠かせない牡蠣・にんにく・梅をぎゅっと贅沢配合。肝機能を高めたい人はまず試すべき商品です!

人気急上昇中のレバリズム。肝臓エキス以外にもシスチンやビタミンなどの肝機能をサポートする健康成分がたっぷり!

しじみ100%使用。肝臓にいいといわれているオルニチンやタウリンを凝縮配合!しじみ習慣で健康生活を始めましょう!

肝臓病用語集

最小単位「肝小葉」

肝臓の構造や働きのうえからの最小の単位は、肝小葉と呼ばれるものです。この肝小葉というのは直径が約1㍉ほどの区画のものですから、けっこう肉眼でも見ることができます。ことにブタの肝臓の場合は、肝小葉の輪郭がはっきりしているために、肉眼でも容易に見分けることができます。つまり大きな肝臓も、このような小さな肝小葉がたくさん集合してできているので、肝臓の働きは肝小葉の働きとして代表させることができます。

肝小葉の周囲には、小葉と小葉の間を埋める結合組織の部分があり、これをグリソン鞘といいます。このグリソン鞘には血管、胆管、リンパ管などが走っており、肝小葉に入る血液や、出てくる胆汁やリンパ液の通路にもなっています。この結合組織に囲まれた多角形の肝小葉に内部には、幹細胞が索状に並び、全体としては放射状に配列しています。この肝細胞窄の間には類洞と呼ばれる毛細血管部分があり、肝細胞との間に血液中の成分の出し入れが行われているわけです。肝臓で集められた血液は、肝小葉中心部の中心静脈に集まり、中心静脈が集合して肝静脈となって心臓にもどります。

さらに幹細胞と類洞の間ではディセ腔と呼ばれるすき間があってリンパ液はここに集められて運ばれます。またディセ腔と類洞の間には、血液中から異物をとりこんで処理する働きのあるクッペル星細胞があり、いろいろの病気が起こると、一層その働きは活発となります。


Copyright© 2015肝臓サプリランキング
All Rights Reserved.